白髪

白髪の予防法とは?

女性のとっての白髪とは、老けて見られることや、あるいは疲れて見られることなど、様々な悩みの種になり得ます。
また、白髪は年を重ねてから現れるものという印象が強いですが、最近では若い人においても悩む人が増えてきています。
そこで、適切な予防や対策を行うことができるように、まずは白髪に関する基本的な原因を知っておきましょう。

 

 

まずは、頭皮や髪に十分な栄養が行き渡っていないことによって引き起こされるものです。髪が健康的に育つためには、ビタミンやミネラルといった良質な栄養素が不可欠ですが、現代では生活習慣が乱れやすく、それによって食生活まで乱れやすくなっています。

 

そのため、髪が健康的に育つことが出来ずに白髪になることが考えられます。
生活習慣の乱れという点でもう一つ挙げられる原因として、強いストレスがあります。頭皮に過大なストレスがかかることに加え、栄養素が十分に行き渡らないことによって、髪を黒くするメラニンが分泌されなくなります。

 

そのため、バランスの良い食生活や十分な睡眠などによって、メラニンを分泌するメラノサイトを健康に保つことが重要になります。
次に、頭皮の血行が悪いことも原因の一つに挙げられます。血行が悪いと、仮に十分な栄養を摂取していても、それが頭皮に行き渡らない可能性が高くなるので、健康な状態を維持できなくなります。

 

栄養素をしっかり摂取することと、頭皮の血行を良くすることはセットで意識しておきましょう。頭皮の血行を良くするためには、頭皮マッサージなどが効果的です。特に、洗髪の際に頭皮マッサージを行うことによって、頭皮の清潔が保たれつつ、血行を良くすることが可能になります。

 

自分で対策や予防を行ってもなかなか改善しない場合には、皮膚科やクリニックなどで相談することも大切です。
特に遺伝や他の疾患などが原因の場合には、自分で対策や予防を行うことは難しいので、この場合には出来るだけ早く相談するようにしましょう。

人気の白髪染め特集

フコイダンをたっぷり含んだガゴメ昆布エキス

無添加・低アルコールなので、素手でも白髪染めができます

 

 

トリートメントとして使うだけで、しっかりムラなく染まります。

8種の美髪成分配合で、ハリ・ツヤのある美しい髪に仕上げます。

素手で使用できるし、とてもいい香りがしますよ!

 

 

希少な「くろめ」の成分を贅沢に配合

どれだけ使用しても髪と頭皮が健康なのに自然な仕上がり

 

 

天然クチナシ色素を配合の、髪と頭皮に優しい白髪染めクリーム

素手で使えて、面倒な準備は一切不要!

 

 

グローイングショット カラートリートメント・白髪染め

1500万件を超える肌データを元に、日本人女性の肌を研究

ヘアカラーとトリートメントの1品2役

 

 

毎日のシャンプーだけで少しずつ白髪を染めます

天然植物成分で染めるため、髪・身体にも安全

 

 

白髪染めシャンプー&ヘアパック・黒耀

大島紬で使用される自然染料「シャリンバイ」配合

毎日のシャンプーでゆっくりと染め上げてくれます

 

 

髪萌ヘアカラー・HATSUMOE

素手で手軽にしっかりと染まる白髪染めです

3種類の植物性オイルと12種類の有用植物成分を配合

 

 

美髪、美肌、美ボディをシムシムジャパン

ヘナカラーは、天然のハーブのみをブレンドした染毛料

のヘナはインドではAランクの最高品質の原料を使用

 

 

ヘアカラー

本来黒髪を染めるタイプのことをヘアカラーと呼びます。しかし白髪を目立たないように黒髪と一緒に同じ色に染めるタイプを、白髪用ヘアカラーと呼んでいます。

 

お店で選ぶときは、乳液タイプ・クリームタイプ・泡タイプなどのヘアカラーがあり、扱いは医薬部外品となっています。

 

ヘアカラーのメリット
髪の毛のメラニンを分解することで一度脱色して、染料を髪の中に浸透させることが、ヘアカラーの特徴です。一度色を抜いてから染めるので、髪の毛の色を今の髪色より明るくすることも可能です。ヘアカラーしたあとは、はっきりした色に仕上がります。色の種類もたくさんあるのが、ヘアカラーの特徴です。

 

ヘアカラーは酸化染毛剤と呼ばれていて、酸化すると色が変わる1液(酸化染料・アルカリ剤)と2液(酸化剤)を混ぜることで、髪をしっかり染めます。しかし頭皮は染まりにくいので、自宅で染める場合も簡単にできます。

 

次に染めるときに違う色にしたいときも、一度脱色をするヘアカラーの特徴から、色を変えやすいことも嬉しいですね。

 

ヘアカラーのデメリット
髪の中のキューティクルまで、しっかり染めることから、染めた後の髪は傷みやすくなります。パサつきや、きしみもヘアカラーで染めたことで起きます。美容院で染めるより、市販のヘアカラーは成分が強いことからも、髪も傷みやすくなる原因です。

 

またヘアカラーは、しっかり染まるので、髪が伸びてきたときに、根元がくっきりとあらわれるので元の髪色が目立ちます。そのためおしゃれ染めの場合プリン状態になることや、白髪染めの場合も白髪がキラキラ光ることが気になり、染め直しの頻度が多くなることがあります。

 

ジアミンという成分が染料に配合されているので、皮膚の炎症やアレルギーを起こす可能性があります。ヘアカラーの説明書には、毎回染める前にパッチテストをするように書かれています。アレルギーを起こしてしまうと、頭皮や顔回りが赤くなったり、腫れたりします。

 

パッチテストの方法
ヘアカラーを染める2日前に少しだけ出して、腕の内側の目立たない場所につけます。そのまま48時間放置しておいて、変化がないか確かめる方法です。皮膚が赤くなってしまったときは、アレルギーを起こす可能性があります。染めるのは止めておきましょう。

 

ヘアカラーで染めているときに、ツンとした刺激臭がします。あの独特な臭いが苦手な人も多く、染めることに抵抗のある人もいます。

 

持続期間
商品によって違いはあるものの、しっかり染まるため、染めてからだいたい2〜3ヶ月は持続します。

 

白髪をしっかり染めたい、染めた髪を長持ちさせたいという方には、ヘアカラーがおすすめです。しかし強い成分も含まれているので、パッチテストを行いアレルギーには注意しましょう。

ヘアマニキュア

ヘアカラーは酸化染毛剤と呼び、髪の内部のキューティクルまで色が入ることで、染めた髪が長持ちするものです。一方ヘアマニキュアは酸性染毛料と呼ばれ、髪の表面に色をコーティングするカラー剤です。ヘアカラーが医薬部外品であるのに対し、ヘアマニキュアは化粧品に分類されます。

 

髪を初めて染める方や、髪色を自然な感じにしたいという方に、向いているのがヘアマニキュアです。

 

ヘアマニキュアのメリット
ヘアマニキュアは、少し色が変わるくらいで、今の髪色より明るくはならないのが特徴です。そのため自然な髪色にしたい人には向いています。

 

そしてマニキュアと呼ばれる通り、表面に色を塗ることで染めるタイプです。だから髪のメラニンを分解しないので、髪が傷みにくいことがメリットです。

 

科学染料のジアミンは髪を染めるためには欠かせないのですが、皮膚がかぶれることもあるくらいで、かなり強い成分です。そのジアミンが配合されていないため、アレルギーを起こしにくくなっています。

 

だから刺激が弱いので、敏感肌で髪を染めると頭皮がかゆくなってしまう人でも、使用することができます。

 

コームなどで塗るタイプが主流ですが、最近では泡タイプのヘアマニキュアもあります。全体的にキレイに染まるので人気があります。

 

ヘアマニキュアのデメリット
髪の表面に色を塗るだけなので、自然な感じに仕上がりますが、思った通りの髪色になりにくいのも、ヘアマニキュアの特徴です。今の髪色より明るくすることが出来ないため、色の劇的な変化は望めません。

 

染める際に頭皮が染まりやすいのも特徴で、染めるときは頭皮につけないように注意する必要があります。同様に手や顔回りも染まってしまうので、ビニール手袋をして染め、顔回りには、染める前にクリームを塗っておくことで、染まるのを防ぐことが可能です。

 

もし頭皮に染め剤がついてしまったときは、すぐにティッシュで拭くだけでも、染まるのを防ぐことができます。そして染料がついた皮膚を、石鹸で優しく洗いお湯で流します。汚れは一度では落ちないので、ゴシゴシこすらないようにしましょう。汚れが落ちないばかりか、肌荒れまで起こす原因になってしまいます。少しカッコ悪いかもしれませんが、2〜3日優しく洗うことで、徐々に落ちてきます。

 

そしてシャンプーをするたびに、染料が少しずつ落ちてしまうため、タオルに色がつくことがあります。染めた後は汚れてもいいように、専用のタオルを準備しておくといいですね。

 

持続期間
髪の表面に色を塗っているだけなので、シャンプーをするたびに、徐々に落ちていきます。そのため早いものでは2〜3週間で落ちてしまいます。

 

白髪染めは商品によっては、1ヶ月〜数ヶ月もつ場合もありますが、やはり落ちやすいことには変わりありません。

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーを使うと、自然に髪が染まっていくので、ヘアカラーをしたときのように、根元から白髪がのぞくこともありません。そのため鏡を見るたびに、キラッと光る白髪にストレスを感じることもなくなりますよ。

 

白髪染めシャンプーのメリット
髪染めに必要な手袋が必要なく、普通にシャンプーするだけで次第に染まっていきます。そのため放置時間もないので、手軽に白髪染めができるところが特徴です。

 

まずヘアカラーなどで白髪染めをすると、どんなに注意しても自分で染めていると、塗り残しがあるものです。しかし、白髪染めシャンプーでは泡が髪全体を包み込むので、染め残しがなくなります。しかもヘアカラーでは、シャンプーするたびに少しずつ落ちていきますが、その心配もありません。

 

短髪の人は、自分では染めにくいと感じていませんか?コームを使ってキチンと染めたつもりでも、洗い流した後で鏡を見てみると、染まってなかったこともあったのではないでしょうか。そんな悩みも、白髪染めシャンプーを使うと、まんべんなく染まるので便利ですよ。

 

だから男性の方でも、シャンプーするついでに、髪を染めることも可能になりますね。

 

またヘアカラーをした後は、急に髪色が変わるため、染めたことが分かってしまいます。周囲に気付かれたくないと思っている人は、徐々に染まる白髪染めシャンプーは、違和感なく自然に少しずつ染まっていきます。

 

白髪染めシャンプーのデメリット
徐々に染まっていくのが白髪染めシャンプーの特徴なので、最初の何日かは染まっているのか、変化が分かりにくいものです。10日くらい使っていて、やっと染まっていることが自覚できます。そのためすぐに染めたいと思っている人には、向いていません。

 

そしてシャンプーなので、頭皮も一緒に洗います。商品の中には、強い成分を配合していることもあるから、購入するときに、防腐剤であるパラベンや、髪を染めるためには必要な成分だけど、頭皮のためには強過ぎるジアミンを配合しているシャンプーには注意しましょう。

 

しかもシャンプーをすることで、髪を染めているので継続して使用しなければなりません。そのため少しコストがかかります。

 

持続期間
使用し始めてすぐには染まっているかどうか分かりにくいです。そのまま2〜3週間くらい使うことで、全体的に自然な髪色に染まります。しかし使用を止めると、徐々に元に戻ってしまうため、継続して使う必要があります。

 

だから持続期間は、白髪染めシャンプーを使用している間はずっと髪色をキープできることになります。

白髪染めカラートリートメント

今では、さまざまな種類がある白髪染めカラートリートメントは、お風呂で簡単に白髪染めできることで、人気がでてきました。
白髪染めカラートリートメントを使うといいのは、どんなタイプの人にむいているのでしょう。

 

白髪染めカラートリートメントのメリット
化粧品に分類される白髪染めカラートリートメントは、頭皮にも優しく低刺激です。だから髪が傷みにくく、敏感肌の方でも安心して使用することができます。しかも染めるときのツンとした刺激臭がないので、あの臭いが苦手な人にはうれしいことですね。

 

1回では完全に染まらない可能性もありますが、回数を重ねるごとに、髪が根元まで染まり、しかも美髪になっていきます。カラートリートメントというからには、髪を染めて同時に潤いも与えることができるからです。

 

しかも通常のヘアカラーで染めた場合は、時間とともに、根元から白髪がのぞいてしまいます。気になるので、染めなくてはとストレスに感じることがありますよね。その点白髪染めカラートリートメントは、一度根元まで染まると、目立たなくなります。

 

そして白髪染めシャンプーより、カラートリートメントの方が髪は染まりやすいです。それはシャンプーの場合、ある程度の日数を継続して使用しないと、染まってこないのに対して、カラートリートメントは1回で染まってくることにあります。

 

だからできるだけ早く染めたいと思っている人は、カラートリートメントを選びましょう。

 

白髪染めカラートリートメントのデメリット
ヘアカラーを使ったときの、しっかり染まった状態から考えると、納得した感じになるまでには、時間がかかります。すぐには染まらないので、しばらくは毎日使用して、一度染まった状態になったところで、1週間に1回〜2回使う程度でよくなります。

 

そのため染まった状態を維持するためには、継続して使う必要があります。止めてしまうと徐々に落ちてきて、元に戻ってしまいます。

 

そして白髪染めシャンプーは、洗ったらすぐ流せることに対して、カラートリートメントは、髪に塗ったあとで、10分前後は放置時間が必要です。お風呂で10分待つのは、長いと感じる人も多いでしょう。

 

持続期間
染まるまでは3〜5回はかかりますが、一度染まると1週間に1回〜2回の使用でよくなります。継続して使うことで、染まった状態は続きます。だから使用している間は、持続することになります。

 

白髪染めカラートリートメントは、忙しくて美容院に行く時間はないけど、髪や頭皮に優しい白髪染めを探している人にピッタリです。トリートメントの効果もあるため、ヘアカラーで染めたときの髪のきしみも気になりませんよ。

白髪染めとおしゃれ染めの違い

白髪が髪にあらわれ始めたころは、白髪染めを購入することに抵抗を感じてしまいますよね。でも今までと同じおしゃれ染めでもいいのでしょうか?

 

そもそも白髪染めとおしゃれ染めの違いは、どこにあるのでしょう。

 

まず両方ヘアカラー(酸化染毛剤)と呼ばれており、医薬部外品の扱いになります。一般的には、おしゃれ染めのことをヘアカラーと呼んでおり、白髪染めの場合は、パッケージに白髪染め用と記されています。

 

ヘアカラーの特徴は主に1液と2液を混ぜるタイプの染料で、髪はしっかり染まります。約2〜3ヶ月持続するので、長持ちさせたい人にはピッタリです。乳液・クリームタイプなどがあり、最近では泡タイプのものもあります。

 

個別に説明すると、おしゃれ染めと呼ばれるものは、黒髪を染めるための染料です。いったん黒髪のメラニンを分解することで脱色をしてから、キューティクルの中まで染料を入れることで、好みの色味に仕上がります。そのため今の髪色より明るくすることも可能で、色の種類も多いことが特徴です。

 

それに対して、白髪染めは、白髪と黒髪の両方に色を入れることで、思いの色味に染めます。白髪には、すでに色がないため脱色する必要がありません。黒髪だけを、おしゃれ染めと同様にキューティクルの中に染料を浸透させて、黒髪と白髪に同じ色になるようにするのです。

 

つまり、おしゃれ染めは、脱色する効果が高く、今の髪色より明るい色にもできるため、思いの色に近づけるようにしています。そして白髪染めは白髪と黒髪を同じ色にするために、白髪に色を入れるために染毛することに力を入れています。だからより黒い髪にしたいときにおすすめです。

 

そのためおしゃれ染めでは、白髪は染まりにくいです。少し白髪が出始めたくらいの量であれば、染まることもありますが、白髪の分量が多い人は、白髪染め用のヘアカラーを使用することを、おすすめします。

 

美容院で染めてもらう場合は、髪の状態を見て美容師さんが判断してくれるので、おしゃれ染めと白髪染めの差は、あまりありません。自分で染めるときに悩んでしまう場合は、美容院で染めてもらい相談してみるのもいいですね。

 

今では白髪染めとおしゃれ染めには、違いはそれほどなく、あえて言うなら白髪染めは色味を暗くしたいときに、おしゃれ染めはブリーチ力が高いため明るい色にしたいときに使うと良いでしょう。しかし白髪の量が多いときは、白髪染めにした方がキレイに染まりますよ。

傷んだ髪の白髪染め、どんなものがオススメ?

白髪染めをしていると、少なからず髪は傷んできます。それでも白髪がでてくると、見た目が悪くなるので、また染めたいですよね。では傷んだ髪に白髪染めとするなら、どんなもので、染めたらいいのでしょうか?

 

白髪染めは、ヘアカラーとヘアマニキュアが一般的です。ヘアマニキュアは表面に色を塗るだけなので、髪は傷みにくいです。

 

しかしヘアカラーは、しっかり染まり長持ちするのですが、ジアミンという強い成分が含まれており、アレルギーを起こす可能性があります。しかも一度脱色をして、キューティクルの中に染料を入れるため、髪は傷みやすいのです。

 

同じように白髪染めをしていても、髪質や白髪の量などから、傷みの具合には個人差があります。染め方を取って見ても、染めたときの室内の温度や、放置時間またはラップやタオルを頭に巻いていても変わってきます。だから傷みの度合いや、色落ちの期間は、みんなが同じではありません。

 

そして髪が傷んでいると、白髪は染まりやすくなります。それはキューティクルがすでに開いているため、染料がすんなり入りキレイに染まったように見えます。
しかしキューティクルは開いたままなので、洗うとスルスル流れてしまい、染料が落ちやすくなっています。

 

この状態では、すでに髪が弱くなっているため、切れやすく、ツヤもなくなってしまいます。このまま同じように白髪染めを続けていると、髪の傷みはひどくなるだけです。髪のことを考えて、これからは染め方を変えてみませんか。

 

傷んだ髪の白髪染めには、カラートリートメントを使い、まずダメージを補修することが必要です。開いてしまったキューティクルを補修して、髪に大切な潤いを取り戻すことで、髪の傷みを改善することが期待できます。

 

しかも白髪染めも同時にできるため、根元に白髪がのぞくこともありません。
これはうれしいですよね。さすがにヘアカラーのように、しっかりと染まることはありませんが、自然な髪色に仕上がります。

 

髪がパサついたり、ツヤがなかったりすると、どんなにおしゃれをしても、見た目が疲れて見えます。潤いのある髪は健康的にも見えるし、実際キレイになって自信がつきます。

 

髪に自信をつけるために、できることは、まだいろいろあります。
低刺激なアミノ酸系シャンプーを使うことで、頭皮に負担がかかりません。
髪が傷んでいるときも、汚れだけを取り、必要な潤いは残してくれます。

 

そして普段の生活の中でも、日傘をさす・帽子をかぶるなど、紫外線対策をすることで、頭皮や髪の過剰な乾燥を防ぐことで、ダメージも少なくなります。

白髪記事一覧

気になる白髪のケアあなたはサロン派?それとも…?40代を境に、グンと気になりだす白髪、それは女性に限らず男性にも同じことです。いくら費用をかけても、繰り返し白髪染めするのって髪へのダメージが残りそうで怖いですよね。もっとこまめに自宅でケアできたら、どんなにいい事でしょう。例えば、自分の好きな時間を利用して気軽に使える、そんな商品があったら試してみたいと思う方が多いのではないでしょうか?あなたが求め...

白髪ケアのために毎月美容室に通うのも結構大変。費用はもちろん、度重なる白髪染めは髪と頭皮へのダメージも心配ですよね。最近は、そんなお悩みを自宅で簡単に解決してくれると評判の、白髪用ヘアカラートリートメントを利用している方も増えてきています。ネットをはじめ、ドラッグストアやスーパーにもたくさんの商品が並んでいて、実際にどれが一番いいのか迷ってしまうくらいですよね…。簡単できれいに染まるカラートリーメ...

より髪にやさしく、簡単なをお探しなら“くろめヘアカラートリートメント”!!髪と頭皮にやさしいヘアカラートリートメント、穏やかな使用感が自慢でも、肝心な白髪の染まり具合にはイマイチ納得できないものが多いですよね。サヴィオ化粧品の“くろめヘアカラートリートメント”はそんなお悩みをお持ちのあなたにおすすめしたい、白髪用ヘアカラートリートメントです。“くろめ”という聞きなれない商品名は、大分県佐賀関(さが...

あなたはヘッドスパを体験してみたことがありますか?頭皮そのものをリラックスさせてくれる施術には、思わず眠ってしまう方もいるほどですよね。もし、このヘッドスパの気持ち良さを味わいながら、同時に白髪の悩みも解消できる。そんな夢のようなヘアケア商品があったらどうでしょう!?実はあなたのワガママに応えてくれる頼もしい商品が、毛髪診断士がいるヘアケアサロンとして有名な“レフィーネ”から登場しました。その名も...

スキンケア研究から生まれた白髪染めPOLA グローイングショットの実力!「髪のハリやコシが無くボリューム不足でヘアスタイルが決まらない」「増え続ける白髪が気になる」これは40代以降の女性に多い毛髪の悩みです。髪からのエイジングサイン、あなたはどう解消していますか?POLAは、スキンケア・コスメの世界では知らない人はいないという老舗ブランド。こちらから新登場した白髪用カラートリートメントに今、注目が...

植物の恵み、天然色素“ヘナ”で自然に染めよう!白髪用 螺髪輝(らはつかがやき)白髪でお悩みのあなたは、天然の植物色素「ヘナ」をご存知ですか!?肌に優しい成分で、しかもが自然に染まると評判のヘナ。長く愛用されている方も多いものですよ。そのヘナを主成分とした使いやすいシャンプーとヘアパック“螺髪輝”のご紹介です。螺髪輝をおすすめする理由とは?“らはつかがやき”とはちょっと聞きなれない名前ですが、実はこ...

成分に自信あり!100%天然だから黒耀(こくよう)をおススメします!「簡単・早染め・経済的」自宅で白髪を染める目的でつくられた商品には、よくあるキャッチコピーですね。でも白髪の気になる人にとってみれば、どれも本当にありがたいポイント。今すぐにでも試してみたくなる気持ちはわかるのですが、“早染め”って髪のダメージに繋がらないのでしょうか!?ちょっと気になる、早染めのデメリット“白髪を効果的に染め上げ...

第3の白髪染め“髪萌(HASTUMOE)”って何?『最近、白髪が少し増えてきたかな・・・』そう感じていらっしゃる30代後半から40代のあなた。白髪だけでなく、髪のボリュームもなんだか足りなくなっていませんか!?実はそれ、加齢とともに現れる老化現象の一つ。女性にとっては悩ましい事ですが、その悩みをできるだけ少なくする努力は必要な事ですよね。白髪染めカラートリートメント髪萌(HATSUMOE)で若々し...