胸の悩みランキング

女性の悩みで多いのがバスト。その悩みを解決する方法を紹介しています。

 

バスト,悩み

 

バストの悩みも、人それぞれです。
原因を調べて、ご自身の悩みを解決しましょう!

 

ご自身の悩みに合わせてクリックしてください。

 

 1.胸が大きくなる仕組み
 2.女性の理想の胸のサイズ 
 3.胸を大きくする食事法
 4.胸を大きくする体操
 5.胸を大きくするマッサージ 
 6.垂れたバストを元に戻す方法
 7.乳首が黒くなってきた原因
 8.左右の胸の大きさが違う原因
 9.離れた胸のバランスを整える方法
10.乳首の陥没 陥没乳頭を治す方法
11.痩せた胸部を元に戻す方法
12.ハリがなくなった胸を元に戻す方法
13.大きすぎる胸を小さくする方法
14.大きすぎる胸を小さく見せる方法
15.胸にしこりがあるけど原因は?

 

 

 

バスト,悩み

バスト,悩み

 1.胸が大きくなる仕組み
胸が大きくしたいと思っているなら、その構造について理解しておく必要があります。胸のふくらみが筋肉ではなく脂肪であることは広く知られていますが、それ以外の組織についても正確に把握しなければなりません。

 

大部分を占めているのが皮下脂肪であり、その内部に乳腺と靭帯という組織が存在します。前者は母乳を生み出すためのものであり、産後に胸が張るのはこの組織が原因です。後者は前者を皮膚などにつなぐための役割を果たします。

 

このうち胸の大きさに大きな影響を与えているのは乳腺です。
乳腺の分量によって胸の大きさが決まるといっても過言ではありません。
いくら分量が多くても、脂肪が少なければ意味がないと考える人もいます。

 

確かに脂肪が少なければ、ボリュームが出るはずはありません。
脂肪が大きさに関係しているのは間違いありませんが、その量は乳腺の分量によって決まるのです。その原理は脂肪の役割を考えると明らかになります。

 

乳腺は非常に重要な組織であるため、それを保護するために脂肪は存在しているのです。この重要な組織の分量が多くなければ、保護する脂肪も自然と少なくなります。逆にその分量が多い人は、それを守る役割を果たす脂肪の量も多いということです。
つまり乳腺が発達すれば、それだけ脂肪も増えて胸の体積や重量も増えています。これが胸が大きくなる仕組みです。

 

より詳しく考えるなら乳腺が発達するメカニズムも把握しなければなりません。この組織は自分の意思で大きくできるものではなく、女性ホルモンの活動によって分量が著しく変化します。

 

思春期になると女性の体内では、多くの女性ホルモンが分泌されるのが一般的です。体に丸みを帯びるのはそのためですが、その変化の一つとして胸の発育も挙げられます。

 

これまでにないほど分泌された女性ホルモンにより、乳腺が大きな刺激を受けて発達するのです。それに応じて、周りを覆うように脂肪が付いていきます。

 

 

 

 2.女性の理想の胸のサイズ 
胸のサイズは友達同士で会話のネタになることも多いですが、一方で人によっては全く口にしない話題でもあります。

 

日本人の平均の胸のサイズですがある調査結果によると全体の75%がBカップとCカップとなっていて、平均がBからCカップで特に東日本の方はBカップの割合が高く西日本の方がCカップの割合が高いというおもしろい結果も出ています。

 

大きく見えても小さく見えても自分の胸のサイズに対して悩みを持っている女性は多くおられ、友達とか同僚と比べてしまったり小さいから女性らしく見えないと思っている女性も少なくありません。
前開きの洋服を着ると胸がはちきれんばかりになってしまうので恥ずかしくて着られないという方もいます。

 

日本人女性が理想としている胸のサイズで最も多いのはCカップです。
Cカップが理想だといっている女性は全体の50%とで、次いで多いのはDカップとなっておりこれは全体の30%ほどの女性が感じているようです。
この結果からみると日本人女性が理想としているバストサイズはCカップということがわかります。

 

日本人女性が理想としているのはCカップですが、男性が女性に求めるカップはどれくらいなのかも気になる点です。男性の本音としては、全体の40%の男性がCカップを理想としていることが調査結果としてあります。

 

その理由としては手に収まるサイズだからということと、その他には小さすぎても女性は悩んでいそうだし大きすぎても大変そうだからという理由になっています。

 

次いで多いのはDカップで約30%の男性がDカップがいいという回答があり、男性はCカップとDカップを理想としているという回答が全体の約70%を占めているのです。そして男性の理想の3位はBカップで、EカップやFカップを押さえています。

 

このようなデータを見ると男性だからといって必ずしも大きな胸が好きというわけではないということがわかりますし、女性も男性も同じくらいのサイズを理想としていることがはっきりします。

 

 

 

 3.胸を大きくする食事法
胸を大きくさせるための食事法として大事なのは、質が良い脂質とたんぱく質をしっかりと得る事を心がける様子であり、同時にマッサージやエクササイズを行えば尚更バストアップさせられる上に引き締め効果も感じられます。

 

中でもたんぱく質というのはバストを引き上げるための土台になっている筋組織や、包み込む皮膚を生成しているため意識的に摂り入れると良いです。
具体的には肉と魚をバランス良く口にして、カレーなどにも入れるとレパートリーが増やせますし飽きずに連日摂取できるようになります。

 

魚介類から得る分については多くなっても肉に比べて身体に負担が生じにくいので、ご飯の量を減らす代わりにできれば二人前にして頂くといった食事法にしましょう。

 

そして、おやつの時間にはお菓子などを食べて小腹を満たすのではなくゆで卵にするのが良く、その理由は必須アミノ酸が豊富であり1日に3個から4個を目安に食べると十分に補給できます。

 

また、胸を大きくさせるには古くから大豆製品が良いと言われていますが、豆乳や豆腐は例外であり大豆食品を頂く場合は納豆を選択しましょう。
豆腐や豆乳は元を辿れば同じ大豆から生成されているものの、途中段階において鉄分の吸収を阻害してしまう成分が増幅する特性があるため、バストに対して鉄分が行き渡らなくなります。

 

一方、納豆は問題無く鉄分が潤沢に供給されるので理想的なサイズに仕上げられますし、血液の供給量も増加して栄養素が豊富に配分されます。

 

このように食べた方が良い内容に目を向ける反面で、避けた方が良い食事法も見逃してはならない情報であり、代表的なのはたとえ気温が高くて暑い時期でも冷たい飲み物は口にしないという事です。

 

栄養素は血管を通る血液によって運ばれるのですが、冷たい物を摂取すると血管が収縮して血液量が減少するのと同時に栄養も減るため、温かい飲料を飲むか常温にして頂くようにしましょう。

 

さらに女性が好む甘いスイーツなども、含有されている白砂糖により体温が低下したるみを誘発させる良くない食事法です。

 

 

 

 4.胸を大きくする体操
女性にとってきれいなバスラインを維持したり、更にバストアップを目指したいと思っている方は多く、市販されているバストアップサプリなどを飲んでいるという方も少なくありません。

 

胸を大きくするためには毎日のエクササイズがとても重要になってきますので、時間を上手く利用して胸を大きくする体操を行うことでバストアップを目指すことが出来ます。

 

バストの約9割は脂肪で出来ていますが、脂肪の奥に大胸筋や小胸筋といった筋肉があります。これらの筋肉をエクササイズによって鍛えることによって、バストが小さい方も土台をきちんと作ることが出来るため、バストアップ効果を期待することが可能です。

 

また、元々バストが大きめの方はきちんとバストを支える筋肉を鍛えていないと、バストが下に垂れやすくなり美しいバストラインを維持することが出来ません。そのためにもバストの大小は関係なくきちんとしたエクササイズ体操を行うことは重要になってきます。

 

基本的な体操の一つとして、背中にある僧帽筋という筋肉をほぐす方法が効果的です。僧帽筋は年齢とともに筋肉が衰えるとバストが背中に流れたり、垂れやすくなる原因となります。

 

そのためまっすぐ姿勢良く立つか、椅子に座り両手を背中の後ろで組み、ひじを伸ばし肩甲骨をぴったりくっつけるように伸ばします。更に肩を後ろにゆっくり8回まわす運動を2セット行います。

 

他には顔の前でひじを曲げ、肩の力が抜ける位置に置きます。その体制からゆっくり息を吸いながら胸を開き、息を吐きながらひじを戻し、ひじとひじをギュッと力を込めてくっつける動作を一日10回を目安に2セット行うと、バストの土台となる大胸筋を大きく刺激することが出来るので、バストアップ効果をアップさせることが出来ます。

 

このように簡単なバストアップ体操を生活に取り入れるだけで、胸を支える体の筋肉を適度に鍛えることが出来るので胸を大きく保つだけではなく、姿勢も良くすることが出来るメリットがあります。

 

 

 

 5.胸を大きくするマッサージ 
胸の大きさは女性にとって、重大な問題だといえるでしょう。
胸の大きさと女性としての魅力に直接関係はありませんが、実際には胸の大きさで悩んでいる女性が多いようです。

 

小さな胸を大きくするためには胸に効果的な食べ物やサプリメントなどを摂取する方法と、エクササイズやマッサージなどの方法があります。
今回は胸を大きくするためのマッサージについて、効果的なやり方や具体的な方法などを確認してみましょう。

 

胸のマッサージは、1日1回入浴中やお風呂上りに行うのが効果的です。
お風呂に入ると体が温まり血行が良くなり、さらに美しい胸に欠かせない女性ホルモンの分泌が活性化して、マッサージの効果が実感しやすくなります。

 

ただしいきなり強い力で行うと肌を傷めたり、細胞の成長を阻害して逆効果になってしまう可能性がありますので、まずは2日に1回程度から始めて、慣れてきたら回数を増やして毎日の日課に取り入れてみてください。

 

マッサージのやり方は簡単で、誰にでも行うことができます。
まずは両手の4本の指を使って、鎖骨の中心からみぞおちの部分をさすります。
次は左右のバストそれぞれを、下から上へと全体を持ち上げるように左右の手のひらでさすってください。

 

最後に右の手のひらでバストの左側を、左の手のひらでバストの右側を、左右のバストごとにそれぞれ挟み込むようにしてさすります。
以上の手順を1セットとして3セット繰り返せば、十分な効果が期待できるでしょう。さらにマッサージの際にはバストアップ用の専用クリームを使用することで、肌への刺激や肌荒れなどを防ぐことができます。

 

マッサージは胸を大きくするのに効果的なおすすめの方法ですが、成長期の中学生や高校生には時期が早すぎるかもしれません。
中学生や高校生はこれから胸が大きくなる可能性がありますので、まずはバランスの良い食事や適度な運動を心がけて、20歳を過ぎてから胸のマッサージに取り組んでみてください。

 

 

 

 6.垂れたバストを元に戻す方法
地球には重力がありますから、特別なことをしなくても年齢を重ねると同時に胸が垂れるのは当然です。加齢と共に、顔にたるみが出たり、体のラインが崩れることと同じ仕組みで、胸は垂れてしまいます。

 

特に女性は出産をして赤ちゃんに授乳をすることになると、自然と胸が大きくなります。しかしその後、赤ちゃんの授乳時期が過ぎても、胸の中の靭帯が伸びた状態になってしまうので、垂れた状態になってしまいます。

 

胸が垂れると身体に締まりがなくなったり、ニットなど身体のラインが出る洋服を着ることにためらいを感じてしまいます。ただ垂れた状態を改善する方法がいくつかあるので、それを実行することをおすすめします。

 

改善方法として、ナイトブラと呼ばれる補正下着を着用することです。よく寝ている間は締め付けが嫌なので下着を身に付けないという人がいますが、固定をしなければ重力によって胸の中にある靭帯は伸び放題になってしまいます。

 

垂れるだけでなく、形も歪んでしまうことがあるので、ナイトブラをすることで脂固定をすることが大事です。胸を押し上げた状態で固定することもできるので、垂れた状態を改善することが期待できます。

 

そしてもう1つの方法は、大胸筋を筋トレなどで鍛える方法です。
筋肉というのは何歳になっても継続して鍛えることで、少しずつつけることが可能だと言われています。垂れる状態になっているのは筋肉がないからだといえますから、鍛えることでハリを取り戻すことも可能です。

 

筋トレをすることで新陳代謝をアップし、基礎体力も高めることができるので、無駄な脂肪を排出して体のラインを美しくすることにもつながります。

 

またマッサージをすることも有効な方法で、脇の下からバストの上、谷間の部分という順番でゆっくりマッサージをしていきます。女性ホルモンの分泌を促進するので、垂れたものを上げる効果が期待できます。
どの方法も1度ではなく、継続的に行うことが欠かせません。

 

 

 

 7.乳首が黒くなってきた原因
これまでは清潔感があるピンク色をしていたのにも関わらず、後発的に乳首が黒くなってしまったという方は乳首が乾燥状態にあるのが関係しています。
乳首と言えどもしっかりと潤いを与える事ができていなければ身体の他の部位と同様に乾いてしまい、指で触れてみるとざらつきが感じられます。

 

かさつきを覚えるという事は、保湿成分となる膜が本来の役割を果たしていないという証拠なので著しく刺激に弱い状態です。
そのため普段であれば問題無い少しの刺激であっても痒みに変化してしまい、無意識的に乳首を手で掻いてしまう可能性が高まります。

 

自宅でゆっくりと過ごしている時はもちろんですが、外出中であっても痒くなるし就寝中でも目が覚めてしまう程強い痒みに見舞われる可能性もあります。
基本的には直接肌に触れている下着などが原因になっているのですが、太陽光や蛍光灯に光にも反応するので常日頃刺激を受け続けて痒みとなります。

 

そうした様々な要因により痒くて手で掻くと、体内にあるメラノサイトという箇所にて大量にメラニンが生成されるようになるのですが、メラニンが作り出される理由は外的刺激から保護するという役割が関係しており、保護してこれまでと同じようにダメージを受けないために大量に生み出されます。

 

メラニンと言えば夏などに強い太陽光によって日焼けする理由としてよく知られていますが、乳首にも存在することにより色素沈着が行われるようになり初期段階としてはピンク色から茶色に変化していきます。
その後茶色から黒色になりますが、尚一層進行してしまうとどす黒い見た目になってしまいコンプレックスの原因になってしまいます。

 

乾燥が原因であるという事は保湿すれば良いのですが、行ってもすぐに元通りにはならないのが実情でありとても長い時間がかかりますし多くの方が元来の様子には戻りません。

 

市販品だと奥深くの角質層まで行き届けられない製品が多いため、専門機関を受診して効能が高い品を手に入れて使用していくのが良い方法です。

 

 

 

 8.左右の胸の大きさが違う原因
女性にとってはとても気になる胸の大きさ。
中でも左右の大きさが違うと言う人も、意外と多いのではないでしょうか?
基本的に人間は多少のバランスのズレは出てくるものです。
同じように見えても、左右全く同じサイズの人はいないのです。

 

でもなぜ左右で大きさが変わるのでしょう?
原因は様々あります。まず骨盤や身体の歪みからくるズレです。普段から猫背だったり、座り方が悪かったり。毎日の生活での影響が胸にも出てきます。悪い状態が続くと、少しずつズレが生じてくるのです。

 

思い当たる人は、姿勢を良くすることを習慣づけてみましょう。
歪みを改善するストレッチ法や、骨格矯正に行くと変化があるかもしれません。

 

骨以外では筋肉の付き方なども原因の場合があります。
腕に負担がかかるスポーツをやっている人、片方の腕ばかりで力のいる作業をする人などは、片側だけ筋肉が発達しやすい傾向にあるのです。よって胸の筋肉の付き方も変わります。

 

それ以外でも、片側ばかりでバッグを持ったり、子どもを抱っこしたりしていませんか?これも生活習慣の影響が大きいのです。左右バランス良く使うように気を付けてみてください。

 

中には病気が原因の人もいます。
これは気になったらすぐに病院で相談した方が良いでしょう。
乳腺炎や思春期に乳腺が肥大することもあります。ある程度大人になったら乳がんの心配も必要です。

 

女性は生理前や生理中に胸が貼る人も多いです。
自分で判断せずに、どんな症状なのかよく見極めることが肝心です。
特にしこりなどがある時は、放置しないように。定期的な乳がん検診もきちんと行いましょう。

 

胸の大きさが違うことは、珍しいことではありません。
コンプレックスに思う人もいるでしょうが、個性の一つでもあるのです。
顔が一人一人違うように、胸だって違うのです。
パットを入れて目立たなくしたり、下着屋さんに相談するのも良い方法です。自分なりに綺麗に見えるよう工夫してみてください。

 

 

 

 9.離れた胸のバランスを整える方法
乳首がそれぞれ反対側を向いていて、胸が離れている場合は綺麗な形へと整えたいと思うものです。自身で目にする時にも気が滅入るかもしれませんし、人に見られたりシルエットに影響したりとあまり良いことではありません。

 

バランスを整える方法を試す前に、まずは自身のバストが本当に離れているかを確認してみてください。両乳首と鎖骨の中心を繋いで描く三角形が、正三角形であればそれは理想的な形です。上下に平たい三角形の場合は胸が離れています。

 

胸が離れる原因はいくつか考えられ、そのひとつが筋肉の衰えです。バストは大胸筋に繋がっているクーパー靭帯が引き止める形で成り立っていますが、その筋肉が衰えるとまず重力によって上下のバランスが変わって、左右にも影響が出てきます。

 

そんな大胸筋を鍛えるためには、バストアップの代表的なポーズである合掌が有効です。両手を平行に合わせて力を入れながら維持したり、上下左右へ動かすだけでトレーニングになります。もっとアグレッシブでも大丈夫という人は腕立て伏せも有効です。

 

そしてクーパー靭帯はダメージを受けやすいだけでなく、年齢に合わせて衰えていくものです。球全体のバランスが崩れると、移動しやすいバストの脂肪は離れて見えるような形にもなり得ます。

 

そうならないためにも今一度ブラジャーが合っているか、圧迫をしていないかの見直しをおこなってください。
気付いていない間にバストサイズが変わっているということはよくあります。
また寝ている時にナイトブラを着用していない人は、なるべく早く購入を考えた方が良いです。寝返りやうつ伏せによって胸は圧迫されています。

 

まして重力によって常に影響を受けている胸なので、自然に形作ってくれるクーパー靭帯を無意識に頼り続けていたら、いつかツケが回ってきます。
離れた胸はよっぽどの事がない限り、自身の手で改善できることが多いです。まずは筋肉の衰えとバストへの圧迫の有無を考えてみてください。

 

 

 

10.乳首の陥没 陥没乳頭を治す方法
乳首がえぐれている(乳輪の下に埋もれている状態)を陥没乳頭(かんぼつにゅうとう)と呼び、先天性の問題のため、思春期を迎えた頃の女性に大きな悩みを与えます。

 

正常な人と比較されるのが恥ずかしくなり、女性としての自信を喪失することで、人前で裸になることができなくなることもあるようです。
育児においては母乳を与える際に、乳首を露出させる必要があるため、問題が起こる前に陥没乳頭を治したいと考えている人も多いはずです。

 

陥没乳頭は手術によって治療するのが一般的ですが、実はセルフケアによって治す方法もあるので、病院にいくのも恥ずかしいという人は試してみると良いかもしれません。

 

乳首を埋まっている乳輪から引っ張り出しても自然と陥没していくのですが、それならば常に引っ張り出した状態であれば、定位置に切り替わる可能性があります。

 

セルフケアの基本は陥没した乳首を引っ張り出すことで、乳首吸引器なるものを利用して改善していきます。種類がいくつかあり、費用が安いものなら数百円、専用の機械を購入すれば数千円といったところです。

 

やり方や使用したグッズの種類ににもよりますが、完全に改善されたという声もあり、一定の効果は期待できるかもしれません。吸引タイプのグッズとは別に、改善専用クリームというものもあります。

 

クリームには女性ホルモンの活性化や血行を促進させる成分を配合しており、塗るのと同時にマッサージをすることで乳首を盛り上げようという手段のようです。

 

女性ホルモンは活性化することでバストアップにも繋がるのは多くの女性が知るところですが、そのためには胸の内部、乳腺などが発達する必要があります。内部から膨らんでいくため、陥没した乳首でも外に押し出してくれる仕組みとなるのです。

 

また、血行促進によって細胞が活性化されることで、細胞分裂を繰り返して乳管が成長することも期待されています。改善専用クリームなら痛みも少なく、特に副作用といった問題もないので、健康を損なわずに陥没乳頭を治すことができるでしょう。

 

 

 

11.痩せた胸部を元に戻す方法
ダイエットでは効率を良くするために食事を制限することがあるので、落としたくない胸部までガリガリになってしまいます。有酸素運動を中心にしていても脂肪で膨らんでいる胸は運動による脂肪の燃焼で小さくなります。

 

痩せた胸を元に戻すには適切な量のコレステロールを摂っていくのが効果的です。痩せたのに脂肪を摂ることに抵抗を感じる人もいますが、コレステロールは善玉と悪玉があり肥満の原因になるのは悪玉の方です。

 

善玉コレステロールは女性ホルモンのエストロゲンの材料なのでバストアップに欠かせません。コレステロールが酵素によりプレグネノロンに変化すると卵巣でプロゲステロンになり、代謝により生成されたDHEAがエストロゲンの元となります。

 

エストロゲンが乳腺を発達させることで胸に脂肪を定着させられます。
摂取量は500〜600mgくらいが目安ですが、食事が摂れるのは総コレステロール量の2割〜3割なのであまり上限を気にする必要はありません。

 

それよりも悪玉コレステロールを過剰摂取しないことに気をつけます。
リバウンドして再びダイエットで胸を小さくする恐れがあるので、ファストフードやインスタント食品、お菓子などはできるだけ食べないようにします。

 

卵はコレステロールを摂取でき胸の土台であるタンパク質も豊富なのでおすすめです。麺類や丼ものは手っ取り早く脂肪を蓄えられますが、糖質ばかりでタンパク質と脂質のバランスが悪いので胸を大きくするのは難しいです。

 

胸部に脂肪を戻すには栄養バランスを良くした上で、タンパク質を多めに摂取し善玉コレステロールが不足しないようにします。大豆は植物性タンパク質が多く女性ホルモンに似たイソフラボンを含むので、バストアップ食材として人気です。

 

ビールもホップが女性ホルモンの働きをサポートしてくれ女性に嬉しい飲み物ですが、おつまみが高カロリーだと栄養バランスが崩れるので腹八分目で揚げ物は控えるようにします。

 

 

 

12.ハリがなくなった胸を元に戻す方法
お風呂上りにバストを鏡に映し、最近ハリが無くなってきたとため息をついている人も多いです。一度ハリを無くしてしまったバストを自力で元に戻すことはかなり難しいですが、バストのハリを元に戻す方法もいくつかあるので試してみるといいでしょう。

 

簡単にできる方法としてはまず大胸筋を鍛えることです。バストを支えている大切な筋肉なので大胸筋を鍛えたり刺激を与えることでバストのハリをアップできます。

 

背筋をしっかり伸ばした状態でひじを真横に開き、両方の手のひらを身体正面で合わせてください。両方の手のひらを強く押し合わせたら10秒間くらいその状態をキープし、これを1日10セットおこないます。このエクササイズは手軽にできるのでおすすめで、テレビを見ながらや仕事の合間などいつでもどこでもできます。

 

胸のハリを元に戻す方法は、エクササイズやマッサージだけでなく日ごろの生活習慣でも気を付けなければいけません。
全身の血行が悪いと胸の血流が悪くなり、どんどんハリが無くなっていきます。半身浴をしたり冷たい食べ物を控え身体を温めることが大事です。

 

日ごろの姿勢もとても大事で、猫背の人はどうしてもバストが垂れ下がる原因となります。肩と背中を丸めず顎を引き、しっかり背筋を伸ばしていると胸にハリがでてきます。

 

女性ホルモンの分泌を促す食品をとることも大事で、バストの垂れ下がりに有効です。大豆や卵なども女性ホルモンの分泌に効果的なので試してみるといいでしょう。

 

サイズの合わない下着をつけているとバストには良くないので、ハリのある胸にしたいならサイズの合う下着をつけることが大事です。定期的にバストのサイズを測り自分のサイズに合った下着をつけましょう。下着が綺麗に収まるように修正していると、胸の下垂の進行を抑えることができます。

 

出産後はバストが下垂しやすいので気をつけてください。マッサージをしたり下着のサイズを確認することがとても大事です。

 

 

 

13.大きすぎる胸を小さくする方法
胸が大きい女性は憧れの対象であるという認識が一般的かもしれませんが、意外と本人はコンプレックスに感じていることも多いのです。

 

服の上からも胸が大きいことが分かってしまうため、異性から性的な目で見られてしまったりスタイルのバランスが悪く見えたりして、サイズダウンしたいと願う人も少なくありません。

 

しかしバストアップする場合の方法は色々とありますが、バストダウンする方法はあるのでしょうか。
一番手軽なのは胸が小さく見えるという下着を身に付けることです。
有名な下着メーカーでもそのようなブラジャーは販売されており、すぐにでも小さくしたい場合にはおすすめです。

 

ただそれでは根本的な解決にはなりません。
そこで効果的なのが有酸素運動です。
有酸素運動をすると脂肪の燃焼が促されるため、全身の脂肪を落とすためにジョギングを取り入れるなどするといいでしょう。
胸が上下に揺れることも脂肪が燃焼しやすくなり胸のサイズダウンに繋がると言われています。

 

もう少し手軽に行いたい場合はウォーキングでも構いません。
通勤や買い物の時に乗っていた電車をやめて一駅分歩くだけでも立派な有酸素運動です。

 

運動は苦手であれば胸を小さくするマッサージもあります。
背中や脇腹から贅肉を寄せ集めるのはバストアップのためのマッサージですが、サイズダウンのためにはその逆を行えばいいのです。
また脂肪燃焼させるために掌を胸の下に置き上に跳ね上がるように上下に動かすのも有効です。

 

このような有酸素運動をしながら、締め色と言われる濃い色の服を着たりバストダウンに効果があると言われるコーヒーを飲むようにするといいかもしれません。コーヒーは1日3杯以上飲むことでバストダウンするという研究結果があるとされています。

 

何をやってもダメな場合は手術するという方法もあります。
一般的に知られているのは豊胸手術ですが、その逆である乳房縮小術というバストダウンのための手術もあるのです。

 

 

 

14.大きすぎる胸を小さく見せる方法
圧倒的に胸が小さくて悩んでいる女性の割合の方が多い事から、大きすぎて困っていても誰にも相談できずに人知れず悩んでいる方も一定数存在します。

 

実はそうした方々に向けて作られている下着が存在し、着用するだけで実際のサイズよりも小ぶりに見せられるようになるので、異性はもちろん同性からの視線が気になったり肥満体型に見えてしまうといった問題が解消できます。

 

しかも、現代人は食事内容などにより従来に比べてバストアップしている傾向にあり、メーカーとしてもそうした実情を把握しているので、サイズダウンを目的とした製品のラインナップを増やしていてナチュラルなタイプの他に、細くする物や念入りにするタイプに分類されています。

 

さらにまだ珍しかった過去の品とは異なりワイヤーが組み込まれていて、着用時のシルエットにも拘っているので不自然な外見にならないといった魅力もあります。

 

こうした下着にお世話になりつつ同時に行っていくと根本的な解決に結びつくのが有酸素運動であり、有酸素運動は脂肪を燃焼させられる効果があるのですが、胸も脂肪の一種なので全身の脂肪が燃焼されるのと同時に胸の脂肪分も減っていき、結果的に大きすぎるバストが小さくなります。

 

特別な道具や技術、知識を必要とせずに誰もがすぐに始められるのがウォーキングやジョギングですが、体力が付いてきたり尚一層効果的に胸に訴求させたいのなら、縄跳びを行い上下運動をしましょう。

 

汗を流すのが嫌であったり運動に苦手意識を抱いている女性においてはマッサージを施すのが良い方法であり、自宅にて自分で施術をしても嬉しい変化に気づけます。

 

方法としては締めつけ感が無いラフな下着を選び、手の平を使い胸を下方向から上方向に向かって跳ね上げる要領で優しくタップしてあげます。
跳ね上げると重力により勢いに乗って落ちてくるため、落ちてきたらもう一度上に向かってタップするという行為をおよそ30回繰り返し、その後胸を左右にスイングさせて横方向にも訴求してください。

 

 

 

15.胸にしこりがあるけど原因は?
胸を触ってみたらしこりがあったため、念のため検査してみたら乳がんだったという話は、テレビや雑誌などのメディアで見かけることのある情報です。

 

もちろん間違いではありませんし、その可能性も十分にありますが、必ずしも乳がんが原因とは限りません。しこりができる原因は、乳房全体に放射状に広がる乳腺に、何らかの要因で腫瘍ができたり炎症などで腫れることによってできます。

 

この時点でわかると思いますが、腫瘍ができることで判断できる乳がんと同じように、触れるだけで判断できる病気は非常に少ないです。
最も多いのは30〜40代の女性で見られる乳腺症で、生理周期によって症状が発生しますが、しこりができる以外にも乳頭から分泌物が出ることもあります。

 

実際には乳がんと特定されなかった疾患をまとめて乳腺症と呼び、良性のため治療の必要のない症状となっています。若年層に良く見られる症状に乳腺線維腺腫があり、しこりは輪郭がはっきりしているわりに柔らかく、痛みもありません。これも乳腺症と同じで治療の必要のないものとなっています。

 

その他にも弾力のあるデコボコした感触を覚える葉状腫瘍、乳管の中にできたポリープが乳管内乳頭腫、他にも乳管の中に液体が溜まって袋になった状態の嚢胞、出産前後の乳腺に母乳が溜まったり細菌で感染して炎症を起こすなどの乳腺炎と、胸のしこりで考えられる症状は非常に多いです。

 

乳がんの特徴は弾力が感じられないほど硬く、指で押しても動く気配がない、さらに痛みを感じることがありません。
これだけでは他の症状と似たような点もあるため、素人による触診では判断するのが難しいことは理解できるはずです。

 

乳腺症のように特に害のない症状なら問題ないのですが、本当に乳腺症なのかも断定できないため、異常を感じた場合は自己判断せずに医師に頼りましょう。乳がんか、そうでないかの診断をするためにも、専門医で受診する必要があります。

バスト記事一覧

私がはじめて黒ずみ乳首に悩んだのは高校1年生の15歳のころです。思春期に入り胸がふくらみ始めたのをきっかけに、自分の胸を気にするようになっていきました。そしてお風呂で友人の胸を見たときに、自分の乳首・乳輪に黒ずみがあることに気が付きました。次第に黒ずみ乳首がコンプレックスになっていき、修学旅行などではなるべくタオルで隠していました。しかし友人の1人に「乳首黒くない?」と言われ、非常に恥ずかしい思い...

バストについて、中学生ぐらいの時から悩んでいました。それは、ほかの人に比べてはるかに小さいからです。しかし、中学生なのでそれから大きくなるかもという、そんなことも思っていたのです。そのことから、バストが小さいと思っていたもののいつかは大きくなると思って期待をしていました。そして高校生になった時に、その希望が絶たれてしまったと思ったのです。成長期に入るので、そこでなんとか大きくなるだろうと思っていた...

もういつ頃からかはっきりとは覚えていませんが、バストが大きくなってきたら、右乳房の陥没乳頭に気づきました。始めの頃は指で摘まみ出すと、しばらくは出ていてくれたのですが、だんだんとつまみ出しても、すぐに陥没してしまって、とても恥ずかしい形になってしまいます。ニューヨークに住んでいた頃、乳がん検診を受けたときに、ドクターに陥没乳頭のことを相談したのですが、手術で治すことはできるけれども、乳首の感覚がな...

20代前半まで下着をつけて寝ないとバストが垂れるといういう情報をTVか何かで見て信じて実践していました。ただ、25歳頃に寝ている最中に寝心地が悪くて起きてしまい下着を取ってみたらあまりにも楽でその楽さに目覚めてしまいました。周りの友人に聞いても結構下着なしで寝てる人が多く今まで損していたな、とまで思ってしまいました。ところがそんな生活をしていて30歳を目前に急にバストの形がかわったように思いました...

中学3年ぐらいからバストがどんどん成長してきて大学卒業した現在も、まだバストの成長が止まりません。中3の時にはDカップだったのですが現在はGカップです。もともと母もバストが大きい人なので多分遺伝なのではと思っています。女友達からはバストが大きいのはすごく羨ましがられるのですが私はすごく大きすぎるバストがずっとコンプレックスでした。特に夏で薄着の季節になると電車に乗っていても街を歩いていても男性の視...

私は左右のバストの大きさが違うので、最初の頃はかなり戸惑っていましたが、今では下着で調節するようにしています。私の場合は左側のバストの方が右側よりも大きいので、カップで言えば、左側がDカップ程度の大きさで、右側がCカップくらいの大きさなのです。右側に合わせてCカップのブラジャーを身につけると、左側が窮屈で、段差ができてしまって困ります。その逆で、左側のバストに合わせてDカップのブラジャーを身につけ...